MENU

なるべく短時間で審査通過する為の事前準備

複数の消費者金融系カードローンを利用していて、毎月それぞれの金融会社への返済を考えると、より大きな限度額の設定が期待出来る消費者金融系カードローンや、総量規制の対象外であり限度額も大きく設定出来る可能性が大きな、銀行系カードローンへ申込み、おまとめローンとして借入先を1つにまとめ、毎月の返済額を減らして生活を安定させたり、ローンの完済へ向けた計画を立てられることを検討される方も多いと思います。

 

いざ、おまとめローンが出来る金融機関へ申し込んでも、インターネット広告などで即日融資や即日振込などと謳われていても、事前の準備がなければ、なかなか即日とは難しい話しになってしまいます。即日融資や即日振込を希望し、なるべく短時間で審査通過する為には、申込む時間帯や事前の準備が必要になります。

 

申込みから審査通過には、一定の時間を要するものです。事前に希望する金融機関のHPを調べておき、当日は午前中の早い時間帯に専用サイトから申込みを進めておく必要があります。事前に申込むことを考えているのであれば、前日中に若しくはそれ以前に申込んでおくべきです。おまとめローンを実行したい日程が分かっているなら、1日でも1時間でも早い方が間違いありません。

 

申込みを行ってから、審査が進む間に提出が必要になる書類があります。実際に審査が通った後に、毎月の返済を指定銀行口座から行う場合の「口座振替依頼書」などは別と考え、審査に於いて必要になるのは、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つ。

 

「本人確認書類」は、申込みを行った人が本人であるかの確認と、申込み時に記載・登録した申込者の属性の一部の確認に必要である為に提出を求められます。運転免許をお持ちの方でしたら運転免許証、運転免許証をお持ちでない場合には、健康保険証やパスポートなどの提出で良いと考えます。

 

「収入証明書類」は、安定した収入があるか、返済能力は十分であるかを判断する材料になります。総量規制対象の消費者金融系カードローンでは、総借入金額が年収の1/3以下と定められていますので、限度額を設定する上で重要な資料となります。前年度の源泉徴収票が望ましいですが、直近の給与明細でも代用できます。給与明細の場合、直近2ヶ月分の提出を求められるのが一般的です。

 

この2つの書類は、申込み後に会社への在籍確認の為の電話連絡や、本人確認の為に携帯電話などに連絡があった際に提出を求められるのが一般的な流れです。提出を帰宅後や後日としていては、短時間で審査を通過させ、即日融資などには繋がりません。可能な限り、申込みの段階で事前にコピーを取るなど準備しておくのが賢明です。仕事中に、運転免許証や源泉徴収票のコピーを取ったりするが難しい状況もあります。事前にコピーを準備しておき、提出を求められた際には、1回のFAXで完結出来るのが理想だと考えます。

 

なるべく短時間で審査を通過する為に、事前に準備する書類などは以上になります。只でさえ、当日は会社に在籍確認や本人確認で電話が掛かってくることになるので、更に提出書類の作成であたふたしている姿を社内で見られるのも、自身にとって良い状況だと思いません。必要書類は事前に準備しておき、スムーズな流れになるよう心掛けると良いと考えます。

このページの先頭へ