MENU

おまとめローンの審査に通る条件とは

複数のキャシングを低金利の借入先に一本化し、毎月の返済金額を下げられたらずいぶん楽になりますね。

 

ただしおまとめローンを使うときは総量規制を無視できません。総量規制とは年収の三分の一を超えての借入はできないという決まりです。しかし、銀行は総量規制の対象外になりますので、おまとめ先を銀行になるとか、債務の一部を銀行で借り換えるなどすれば総量規制に引っ掛からずに済みます。また消費者金融や信販会社でも、おまとめローン専用商品など「借り換え」に限られている商品なら総量規制を避けることができます。
便利なおまとめローンですが、おまとめローンの審査は通常のキャッシングよりも審査が厳しいと言われています。では、どんな条件であれば審査に通るのでしょうか。

 

まずは他社からの借入件数が少ないことです。金額よりも件数が少なければ少ないほど有利です。たとえば50万円を3社から借りている人と、200万円を一社から借りている人とでは200万一社の人の方が信用度が高くなります。複数社から借りている人は返済実績が足りなくて限度額を増額できないのだとみなされるからです。

 

次に勤続年数です。長ければ長く務めるほど有利です。少なくとも一年間は勤めていることが必要になります。立場としてはやはり正社員が強く、パートやアルバイト、派遣社員の人、また収入が不安定な自営業の人は不利と言えます。

 

おまとめローンを複数同時に申し込むと(一か月に三社以上)、審査に通らなくなります。申し込んだだけでも信用情報機関に記録が6か月残ります。業者は申し込みを受けると必ず信用情報機関に照会しますから、すぐにわかってしまいます。

 

また、過去に3か月以上の返済の延滞があったり、不払いや債務整理があったときは、これも信用情報機関に事故情報として記録されます。これは5年から10年間記録が残ります。
審査に通らなかった場合、金融会社のホームページに設置されているシュミレーターを使って、勤続年数や借入数を少し変えて入力してみると、自分が審査に通らなかった理由がわかるかもしれません。

このページの先頭へ