MENU

返済期間からみたおまとめ専用ローンと銀行カードローン

おまとめローンは少しでもお得に、はやく返済を終わらせることが目的です。おまとめに利用できるものとして、おまとめ専用ローンと銀行カードローンがありますが、両者の返済方式は異なっています。返済をはやく終えるという観点からみた場合、どちらに申し込んだほうがよいのでしょうか。

 

おまとめ専用ローンの返済方式

 

おまとめ専用ローンに申し込んだ場合、返済方式は単純な分割払いになります。決まった回数で総借入額を割り、毎回同じ金額を利息とともに返済していくという方式です。おまとめ専用ローンは基本的に追加借入はできないので、毎回きちんと返済をしていれば当初の予定通りに返済は完了します。

 

銀行カードローンの返済方式

 

いっぽう銀行カードローンに申し込んだ場合、返済方式は残高スライドリボルビング方式になります。こちらの返済方法は、一般的なキャッシング同様に残高に応じて返済金額が変化します。返済が進み残高が減少すると返済金額も下がっていくので、支払いは楽になっていきますが、その分長引きます。さらに銀行カードローンは追加で借入が可能なので、借入をしてしまうとさらに返済までの期間が長くなってしまいます。

 

どちらがはやく返済できる?

 

おまとめ専用ローンと銀行カードローン、通常の返済を続けていくならば、はやく確実に返済できるのはおまとめ専用ローンのほうになります。カードローンは返済が長引きやすいので、返済をはやく終わらせるという観点からみた場合、おまとめ専用ローンのほうが優れているといえるでしょう。ただ、銀行カードローンも単純に不利というわけではありません。銀行カードローンは毎月の返済のほか、任意で繰り上げ返済が可能です。毎月の返済だけでは返済が長引きやすいですが、繰り上げ返済を利用してはやめに残高を減らしていけば、おまとめ専用ローンと同じようにはやく返済を終わらせることも可能です。銀行カードローンは返済計画を自由にアレンジできるので、工夫をすればおまとめ専用ローンのようにはやく返済を終えることもできるのです。

このページの先頭へ